業務案内

人事労務問題に関する相談(残業未払い)

年々増えている労使間トラブル。
トラブルを事前に予防するための対策、問題社員への対応など御社の実態 にそったアドバイスを行います。

こんなお悩みはありませんか?

ケース1. 労使間トラブル発生時の相談

従業員から未払いの残業代を請求された

最近よく耳にするのが、この残業代未払い問題。
マスコミも『サービス残業』と多く取り上げるので、従業員の関心も高く、労働基準監督署へ相談したり、自ら会社へ未払いの残業代の支払いを訴えるケースも増えています。

事業主は、従業員の労働時間を管理する義務があります。
残業した時間を管理・把握を行っていなかった場合、未払いの残業代の支払いを拒むことも出来ず、従業員が主張しているとおりに実際に残業していたかどうか確認する方法がない為、場合によっては数百万円から数千万円の多額の未払いの残業代を支払うこととなります。
日頃の管理業務を怠っていると、突然、さかのぼって未払いの残業代を請求されるのです。

しかし、多くの事業主は、残業代を支払いたい気持ちはあるものの、支払えないのも現状です。

まずは、何に時間がかかっているのか把握することです。無駄な残業が発見されるかもしれません。
日頃からタイムカードや出勤簿、残業時間を含めた労働時間の管理・把握を行うことが重要です。
見込み残業手当を支払っている場合も、それが何時間分の時間外労働なのかが重要です。
実際に働いた残業時間を下回っていれば、未払いということになります。

092-555-5940
お問い合わせ受付時間(平日9:00~18:00)
メールアドレス
お問い合わせ受付時間(24時間受付)